旬のお料理日本の五節句お慶びごと・ご会食ご法要のお席に館内ご利用案内周辺地図リンク集お問い合わせ
ホーム > 時代雛特集

ひな人形「時代雛」について

山形県のひな人形の歴史

山形県には、最上川流通の発達と供にもたらされた京の文化品がたくさん残されており、山形県内各地の旧家に今も大切に保存されている時代雛もそのひとつです。日本の歴史を見つけ、時代と共に歩んできたひな人形達、ひな人形と言えど顔や、姿は年代によってそれぞれ異なり、個性溢れる表情を見せてくれます。現在でも古今雛、享保雛など貴重な人形が数多く残る玉貴では、彼ら大勢の雛たちに囲まれながら、雅な平安の時代を味わうことが出来ます。皆様の和の心をくすぐるひとときの空間に、ぜひ思いをはせてみてはいかがでしょうか。


ひな人形について

  
  

ひなまつり紹介動画

流し雛について

災厄祓いを願い雛を流す

流し雛とは、雛祭りのおおもとであり、源氏物語にある「須磨」にも記されているほどの歴史深い日本の伝統行事です。 そしてこの行事が宮中のひいな遊びへと発展していき、雛祭りへと姿を変えていきます。 三月三日に行われていた上巳の節句の薬草摘みが雛祭りの古き姿でしたが、 時が経つにつれ人の形をした紙の人形(かたしろ)で体を撫でて、 それを川に流すことで穢れを祓い、災厄祓いを願う行事へと姿を変えていきました。 雛まつり・雛流しは共に日本人に愛され、今も尚全国的に見ても伝統行事として数々残されています。

願いを託す千代紙

願い事を書いた千代紙を、清流寒河江川に小船で流す神事、ひな流し。当店のお雛様を飾るお部屋の片隅に流し雛に願いを託す”形代”が用意されております。 様々な願い事をこの”形代”に書いて川に流す流し雛は健康としあわせを願うという神事です。 主に開催される4月4日は旧暦で3月3日(ひな祭りの日)。時代の変化に左右されず、古き良き歴史を長い年月と共に代々受け継いできております。





  
  

初節句・お食い初めについて

上記でもご紹介しましたが、生後初めての節句のことを初節句といい、男の子は5月5日の端午の節句、女の子は3月3日に上巳の節句を迎えます。この日に厄除けの意も込め、我が子の健やかな成長をお祝いします。 ちょうどお食い初めの時期に近づいておりましたら、お子様にあわせたお料理もお作りいたしますのでぜひご相談ください。

春季限定 ひな膳料理

当店で一番人気のお食事です。かわいい雛人形たちが食膳の至る所に顔をのぞかせています。春季の限定料理となりますので、ひな祭りで囲むひな壇を眺めながらお召し上がり頂き、山形の時代雛と春をイメージした清楚で美しい視覚と味覚の響きをお楽しみくださいませ。


    ひな膳料理 ¥4,320円〜(税込)

  • 前菜、小鉢、御椀、お造り、焼き物、中皿、揚げ物、
    酢の物、香物、食事、水菓子
  • ※時間帯や仕入れの都合上、献立を一部変更する場合もございます。
  • ※右のお写真は7128円コースのお料理です。
  • ※各コースは税込のお値段です。また、当店では奉仕料を10%別途頂戴いたします。



 








4seasons Japanese restaurant tamaki
Copyright ©2009-2013 TAMAKI Co., Ltd All Right Reserved.