旬のお料理日本の五節句お慶びごと・ご会食ご法要のお席に館内ご利用案内周辺地図リンク集お問い合わせ
ホーム > 日本の五節句

家族と共に無病息災を願う年はじめを

中国の前漢の時代、正月の1日は鶏、2日に狗、羊、猪、牛、馬の順に、それぞれの日にそれらの獣畜を殺めず、そして7日は人と続き、犯罪者へ刑罰を与えないようにと、これらの風習が日本に伝えられたことがきっかけとされています。

一年の無病息災を願って食べる七草粥

また、別名「七草の節句」とも呼ばれ、人日の翌日に穀の占いを立て、無病のまじないとしてせり、なずななどの七種類の野菜を食べる習慣も伝わったことから、江戸時代では人日の節句を祝い、これら七草を入れた七種粥(かゆ)を食べたとされています。



「家族の節句」

年のはじめに家族全員で一年の無病息災と長寿を願い七種粥を食べる習慣が続いたことから、家族の節句とも言われております。



女の子の美しく健やかな成長を願います

3月3日では桃の花が咲くことから、別名 「桃の節句」とも呼ばれています。 この上巳の節句は平安時代より昔に、京の女性貴族が天皇の御所を模した御殿や飾り付けで遊んで健康を祈って災厄を祓った事が始まりとされています。

鮮やかに紅く染まる節句

子供たちの健やかな成長と厄除を願い、願い事が書かれた紙製の人形を川や海に流して災厄を祓う流し雛や、雛人形をひな壇に飾るひな祭りも現在まで続く、人々に広く親しまれた節句とされています。

※ここ山形では、旧暦に習い、月遅れにて催されます

すくすくと明るく元気な男の子へ

上巳のひな祭りに続いて、現代ではこいのぼりなどと男の子の成長を願う催しとして認知されていますが、古くは菖蒲(しょうぶ)や蓬(よもぎ)を軒に吊るし菖蒲の束を浮かべた風呂に入る風習などがあったとされています。

強く、逞しくを願い

色鮮やかで美しい雛人形を並べる上巳の節句とは対称的に、男の子の立身出世を願う節句であることから、端午の節句では勇ましい武将の鎧兜や力強い表情の武将の人形が飾られているのが印象的です。

※ここ山形では、旧暦に習い、月遅れにて催されます

織姫と彦星のように互いを想い願う姿をいつまでも

近辺では東北の三大祭りとされる仙台七夕まつりなどの歴史と伝統に育まれた夏の風物詩の節句です。七夕に降る雨を催涙雨(さいるいう)といい、織姫と彦星が流す涙とされることから分かる様に、昔から男女の恋愛物語としても馴染み深いものとされています。

暑い夏を爽やかな色と音色で涼む

また、夏越しの大祓として正月から半年間の罪穢れを祓う茅の輪くぐりも同時期に行われています。

※ここ山形では、旧暦に習い、月遅れにて催されます

いたわりと敬いのこころをかたちに

中国では、奇数は縁起のよい陽の数とされ、一番大きな陽の数である九が重なる9月9日を、「重陽」として定められました。また、旧暦では菊が咲く季節であることから菊の節句とも呼ばれており、宮中の行事では天皇以下が紫宸殿に集まり、詩を詠み菊花酒を飲みながらけがれを祓い長寿を願いました。

秋の恵みをやわらかい月明かりと共に

月の満ち欠けにより月日を知り、農事を行われておりました。十五夜の満月の夜は祭儀が行われ、日本では月が見えるところに月見団子とススキを飾り、季節の収穫物を備えるなどをして、月の鑑賞に酒宴を設けられています。

※ここ山形では、旧暦に習い、月遅れにて催されます




 







4seasons Japanese restaurant tamaki
Copyright ©2009-2013 TAMAKI Co., Ltd All Right Reserved.